トップページ | 2006年5月 »

2006年4月25日 (火)

医療保険選び

昨日までは特約の死亡保険がマイブームでしたが、

今日のブームは

「医療保険」

・・・なぜって??

はっきりとは分からないのですが、

私、ちょっと病気になったっぽいのですょ。

!!!!!!!更新してる暇あったら病院行けって感じですが・・・

手術ともなるとお金もかかりそうだし。

今更保険入っても意味無さそうですが。

むしろ入れない?!?

そんなこんなで、必死に「医療保険」比較してます。はい。

やっぱ危機的状況に陥ると人間すごいですね。

今までも資料取り寄せたりしてましたが、また引っ張り出してきちゃって。

読む真剣度が違いますから!!!!!!!

保険って、万が一何かあった時の為のものですが、

万が一って普段はまったく意識しないものですね。

私、単細胞・・・

先のリスクって目をつむってしまうし・・・

ってことで、本日から「医療保険」比較いってみまーす!

死亡保障の上乗せの分も忘れなく・・・

これも若いうちにはなかなか意識しない問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

保険セミナー@横浜 無料!!

22006年 4月30日    
会場…横浜市東戸塚駅西口 横浜ベイ・ライフサービス
主催者…高橋勉 横浜ベイ・ライフサービス
006年 4月30日    

【保険相談会(無料)】

日時:4月30日(日) ①10:00~ ②13:00~ ③15:00~ ④17:00~

場所:JR横須賀線 東戸塚駅西口徒歩3分 
    横浜ベイ・ライフサービス 東戸塚店 P有り

※生命保険の新規加入や見直し等の保険相談を個別に行います。参加費無料

※保険相談会の内容
  生命保険協会認定のFPが、新規加入はもちろん、現在加入中の保険など
  将来を見据えて保障の見直しを致します。
  当社は引受保険会社14社の総合保険代理店ですので、一つの会社に
  こだわることなく中立な立場でお客様のご要望にお応え致します。
  また、無理な勧誘など一切行いませんので、お気軽にご応募下さい。

担当プランナー:高橋 勉

お申込方法:
個別相談となっておりますので、必ず事前にお電話又はメールにてご予約の上
ご来店下さい。
電話:フリーダイヤル 0120-633-122

相談時間は、お客様がご理解いただくまでお付き合いいたしますが
最長2時間とさせていただいております。

※またこの相談会は、毎週火・木・土・日・祝に行っておりますので
  お気軽にお問合せ下さい。

行ってみよう♪
場…横浜市東戸塚駅西口 横浜ベイ・ライフサービス
主催者…高橋勉 横浜ベイ・ライフサービス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特約のばせる?

死亡保険の特約って上手く出来てるものですね。

死亡保障の生命保険は終身ですが、特約は47才で終了・・・

例えばの例ですが、そうなると

特約についていた医療の保障も、4900万円の死亡保険も、48才からはなくなる・・・

ってことに。

よっぽどじゃなければ死なない年齢で死んでしまった場合、子供が小さかったりして保障が大きくなることは必要だし、直感的に理解できますが。

セット型の保険の場合、主契約の死亡保障が終身だと、特約の死亡保障も特約の医療保険も終身だと勘違いしてる方って80%位いらっしゃるみたい。

保険証券・・・引っ張り出してもう一回見てみましょうょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

保険!見直したい!

さて、こんにちは。

ウチのパパ、先日突然こんな事を言い始めました・・・

「あと10年生きるかどうかは怪しいけど、あと5年は生きてるような気がする」

・・・は?!?!?!

縁起でもないような気もするし、自分の体に自信持ちすぎてるような気がするし。

話をすっとばして本題に入れば、ウチのパパさん、保険を見直したいそうです。

詳しくは保障を厚くしたいのですね。

なぜかというと、あと5年で死亡保険の特約が切れるらしいのですよ。

どういうことか整理すると・・・

パパさんの保険は「定期付終身保険」といって、

終身保険定期保険を特約として上乗せしたものらしく、

定期保険の部分があるので55歳までは保障が大きいのですが、それ以降保障がガクンと落ちてしまうのです。

定期保険特約部分には保険料払込満了まで継続する「全期型」と、定期保険特約部分を10年・15年などの期間で更新していく「更新型」があるそう。

んで、彼の保険はその特約部分の保険料払込満了が55歳というわけらしい。

この場合って、「掛け捨ての死亡保障に加入する」という選択肢でしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年5月 »